診療案内

スポーツ障害・スポーツ外傷

スポーツによる怪我でお悩みの方

スポーツによる怪我は、捻挫や骨折、肉離れなどの急激な外力が加わる事によって起きる「スポーツ外傷」と、スポーツによって繰り返されるカラダへの負担が積み重なり生じる疲労骨折や野球肘、テニス肘などの「スポーツ障害」に分けられます。

 

それぞれに合った治療法がありますので、痛みを感じたら大きなケガに繋がる前に万願寺駅前整骨院までご相談下さい。

スポーツ外傷

スポーツをしている時、急激な外力が加わる事によって起きる捻挫・骨折・肉離れ・突き指・脱臼などの症状をスポーツ外傷と呼びます。この様な症状にはRICE処置(R=安静、I=冷却、C=圧迫、E=挙上)という応急処置が有効です。

 

最初の処置で治るまでの時間に差が出ますので、お早目のご来院をオススメします。

サッカー外傷

サッカーに限らず、1番多く発生するケガは足関節の捻挫です。

特にサッカーで多いのは前距腓靭帯損傷・三角靭帯損傷です。

捻挫を放置すると足関節に腫れが残り、動きが悪くなり、競技復帰が遅れてしまいます。

足関節の捻挫はどれだけ早く正しい初期治療ができるかがポイントです。

サッカーによる膝のケガはオスグット・ジャンパー膝・内側側副靭帯損傷・半月板損傷・十字靭帯損傷・ヒザ周辺の打撲等があり、膝を安定させるように大腿部の筋肉のケアをしていきます。


サッカーをやっていて股関節まわりが痛いことはありませんか?
その痛みはボールを蹴る動作でかなり強い筋力を使うため、股関節の筋肉が硬くなってしまっています。治療ではまず原因の筋肉を特定し、治療+筋力強化をして、再発を防止します。
ボールを蹴るフォームが悪くても股関節に負担がかかるので、フォーム改善のアドバイスも行います。


超音波観察装置(エコー)を使っての検査を行っているので、捻挫や打撲の程度を映像として本人も確認することが出来ます。


また、提携する病院の方でレントゲン撮影も行ってもらうことも出来ますので、骨折や脱臼の治療も安心です。

スポーツ障害

スポーツによって繰り返されるカラダへの負担が積み重なり、痛みやカラダの変形などの慢性症状が生じた状態(疲労骨折・オスグッド・野球肘・テニス肘・ジャパニーズニーなど)をスポーツ障害と呼びます。

 

重くなると日常生活に支障をきたす症状もあるので、痛みを感じた際はお早目にご相談ください。

野球肘(baseball elbow)

野球の投球動作によって生じた 肘周辺の筋肉の損傷や関節や靭帯の痛みを総称した病名です。

ボールを投げるとき、肘の内側に痛みを訴える人が多くいます。

こんなふうになっている人は要注意!

 

①肘が反対の肘に比べて伸びない。
②指が反対の指に比べて反らない。
③肘を最大に曲げて痛みが出る。

以上の三項目を参考にして自分の肘の状態をチェックしよう!!
当てはまる人は野球肘になりやすい可能性があるのでストレッチをして予防しよう!

野球肩(baseball shoulder)

野球肩とは、ボールを投げる時、肩が痛くて思い通りに投げられなくなる状態をいいます。

投げる動作でのポイントによって痛めている箇所が違います。

こんなふうになっている人は要注意!!

 

①肩をあげるだけで痛い。
②なにもしなくてもズキズキする。
③肩の上がりが反対の肩に比べあがらない。

靭帯や筋肉の損傷は最初の初期治療と予防が肝心です。今の項目に思い当たるようならすぐ万願寺駅前接骨院に来て治療しよう!!
万願寺駅前接骨院では土曜日や日曜日に学生のための野球外傷の講習を開催しています。ご希望の方はmusindeikou@yahoo.co.jpまで。

ご両親・部活の先生・監督さんへ

学校内での怪我について

学校内でのケガは『日本体育・学校健康センター』の『災害共済給付金』や、市の『学童災害見舞金』の請求が出来ます。
書類の証明料金は無料です。
また、AIU保険・都民共済・三井住友などの傷害保険も請求が出来ますのでご相談下さい。

クラブや少年団・地域スポーツでのケガについて

クラブや少年団・地域スポーツでのケガの場合、
個人で加入している傷害保険のほかに、その所属団体で『団体スポーツ保険』に加入している場合が多いので、こちらもご相談下さい。