診療案内

急な痛み・症状

急な痛み、症状でお悩みの方

運動時などの原因のはっきりした急な痛みや怪我(捻挫・打撲・挫傷・肉離れ・骨折・脱臼・ぎっくり腰など)にお悩みの方は保険での診療が可能になります。

 

まずは痛みの治療から始め、骨折などの症状に関しては提携の病院をご紹介させていただきます。

 

 

捻挫・打撲をしたら

まずはRICE処理をします。
RICEとは…

安静(REST)、冷却(ICE)、圧迫(COMPRESSION)、挙上(ELEVATION)

の4つの処置の事です。
RICE処置は、外傷の際の基本なので覚えておいて下さい。


RICE処置について

安静(REST)

受傷部位の悪化を防ぐ為、まずは患部を動かさないようにします。

冷却(ICE)

受傷部位の痛みを軽減させ出血を抑えます。
受傷後15分~20分ほど氷で患部を冷やします。氷がない場合は流水でもOKです。
冷やし過ぎにもご注意ください。

圧迫(COMPRESSION)

受傷部位の腫れを防ぎます。氷が無くても包帯を巻き圧迫します。
きつく巻き過ぎて血の流れを止めない様に注意してください。

挙上(ELEVATION)

受傷部位の出血を抑え腫れを抑えます。患部を心臓より高い位置にします。
まずこのRICE処置をすぐ行ってください。


RICE処置の細かいやり方など、お気軽にご相談下さい。

突き指をしたら

無理に引っ張ったりしないで、まずはアイシングをします。
脱臼や骨折をしていることもありますので、自己判断をしないで、必ず来院ください。

足首の捻挫をしたら

スポーツをしていていちばん多いのは足首の捻挫です。
基本はRICE処置を押します。
RICE処置をすることによって患部の腫れを抑えることができ、痛みを軽減することができます。

オスグット(成長痛)と言われたら

膝の下のところが腫れて痛くなる症状です。
小中学生の男子に多く見られます。
骨の成長と筋肉の成長のバランスの悪さから発生します。
治療を行うことによって、痛みを和らげ、症状の進行を抑えることができます。
当院では、父兄の方に対しても超音波観察装置(エコー)を使って分かりやすい説明をいたしております。
成長痛だからと言って放置せず、一度ご相談ください。

肉離れをしたら

RICE処置を行ってから、ご来院ください。
そのまま練習を続けると悪化してしまいますので気をつけましょう。
当院では損傷の程度を超音波観察装置(エコー)を使って確認いたしますので、本人がどの程度の怪我なのかを自分の目で映像として理解することができます。

野球・テニスで肘が痛くなったら

一般的に野球肘・テニス肘と呼ばれるものです。
痛みを我慢しての練習は症状を悪化させます。
早期に治療を開始しないと、関節の変形を起こしますので、大変危険です。


当院では野球に関しては専門のスタッフが投球フォームの指導なども行っておりますので、ご相談ください。

骨折をして、病院の治療が終わったら

病院でギブスが外れて、リハビリをしてくださいと言われたら、当院にご相談ください。

適切なリハビリを行うことによって回復を早めることはできます。