交通事故治療

交通事故治療

被害者になってしまったら

加害者の確定

加害者の免許証を見せてもらって、住所氏名を確認しましょう。
加害車両のナンバープレートをメモしてください。

事故現場の保全

事故直後の現場の状況を写真に撮っておくことが大切です。
さらに、事故から間もないうちに、事故当日の行動から事故直後までのあなたの記憶を文書にまとめておいてください。
人間の記憶は時間が経つと薄れてしまいますから早めの行動が大切です。

警察への届出

小さな事故でも必ず警察に連絡を入れてください。
その時は症状が出ていなくても、数日たってから痛みが出ることもあります。
また、保険金の請求手続には、「交通事故証明書」が必要となります。
きちんと事故を警察に届け出て、「交通事故証明書」を申請してください。

必ず専門家の診察を受ける

事故に遭った際は興奮しているために、たいしたことはないと思っても、意外に重症であることもあります。
事故に遭ったら病院や接骨院の診察を受けてください。
また、診断書を発行してもらい、所轄の警察に提出することも必要となります。
診断書の提出により、物損事故から人身事故の扱いになり、自賠責保険での治療費の請求が可能となります。

自分の保険会社への事故報告

自分の加入している自動車保険会社や代理店に事故に遭ってしまった旨連絡してください。
搭乗者保険を掛けている場合、請求することが出来ます。

(請求したとしても掛け金は上がりません)

被害者の保険会社から連絡があったら

保険会社の担当者に万願寺駅前整骨院に通院することをお伝えください。
事故現場から救急車で運ばれた病院以外に通院できないと思い込んでいる方がいますが、あくまでも通院場所は患者さんが決められます。
特に、初期の治療がとても大切ですので、電気で温めて牽引するような病院ならなるべく早めに転院することをお勧めします。

むちうち症について

むちうち症になる最も多い原因は自動車の追突事故です。
特徴は、軽い事故であれば受傷直後の検査では異常が認められなかったり、自覚症状も無かったのに、2~3日後から症状が現れ、だんだんに強くなるといった症状です。

 

どんな事故でも最低2週間は油断しないでください。
必ず医療機関に受診することをお勧めします。
もちろん当院でも見れますので、ご相談ください。

このようなお悩みはお電話下さい!

  • 事故をしてまだ医療機関に通っていない方
  • 痛み・症状が取れないとお悩みの方
  • 相手の保険会社とうまくいっていない方

知らない事・誤解から不安やお悩みが生まれている可能性があります。

お電話での相談はこちらから⇒ TEL 042-584-2155

むちうち症の自覚症状

首の痛み、頭痛、肩こり、めまい、手の震え、手足のしびれ、 感覚異常、だるさ、倦怠感、吐き気、および集中力の低下、ふらつき感、膀胱障害なども出ます。

頚椎捻挫型

頚椎の周りの筋肉や靭帯、軟部組織の損傷で最も多くみられ、 むちうち症全体の70~80%を占めているとされています。
首の後ろや肩の痛みは、首を伸ばすと強くなります。
また、首や肩の動きが制限されることもあります。

バレ・リユウー症状型

後部交感神経症候群ともいいます。
頚椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が低下し、 頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れると考えられています。

脊髄症状型

頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、下肢に伸びている神経が損傷されて、 下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害が現れるようになります。
また、膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなるケースもあります。

脳髄液減少症

一時的に髄液圧が急上昇しその圧が下方に伝わって腰椎の神経根にもっとも強い圧がかかりクモ膜が裂けると考えられます。

脳脊髄液減少症の症状はきわめて多彩で、いわゆる不定愁訴がそれに相当します。初期には頭痛が特徴的です。

 

また、これらの症状にはある特徴がみられ、天候に左右されることです。
ことに気圧の変化に応じて症状が変化します。
最近交通事故でのむちうちでも発見されています。

根症状型

頚椎のならびに歪みが出来ると、神経が圧迫されて症状がでます。
首の痛みのほか、腕の痛みやしびれ、だるさ、後頭部の痛み、顔面痛などが現れます。
これらの症状は、咳やくしゃみをしたり、首を横に曲げたり、回したり、首や肩を一定方向に引っ張ったりしたときに強まります。

むちうち治療

ポイント

最初の1~2週間は安静を保ち、炎症を抑える治療を受けます。

そして、痛みや運動制限などの症状が治まってきたら、頚椎カラーを外し、首や肩を大きくゆっくりと動かす運動やストレッチングを行います。

運動の開始時間は、できるだけ早い方がよいでしょう。

いつまでも安静や固定を続けると、かえって関節や筋肉が硬くなったり、筋力が低下して、肩こりや首の鈍痛、頭痛を引き起こすことがあります。
逆に運動を始めると、血液の循環が促されて回復が早くなります。

また、痛みが軽くなったら、通常の生活に戻すことも大切です。
ほとんどの方は、受傷から3ヶ月程で回復しています。

治療方法(初期)

初期にはアイシングを行い、炎症を抑えます。
そして、頚椎を固定するために首に頚椎カラーをつけ固定処置を行います。
軽い事故であれば病院での受傷直後の検査では往々にして異常が認められなかったり、自覚症状もなく、現れても軽い痛みだけというケースが多く、それでも事故後2~3日後から症状が現れ、だんだんに強くなることもあります。

交通安全啓発活動・セミナー

DSC03494

当グループはむち打ち治療協会に所属し、交通安全や脳脊髄液減少症の啓発活動をしています。
昨年の様子⇒むち打ち治そうの日
他の病院や、整骨院も交通事故を取り扱っていますが、むち打ちの治療は特別な知識を必要とするので専門に取り扱う必要があるのです。

そのため代表の渡邉はセミナーなどの講演も行っております。